2019年6月11日火曜日

インスタ始めました

遅ればせながら、密やかに密やかに、インスタ始めました。
nami_yamada.tabegoto を覗いてみてください。

6.7月の季節の仕込みもの教室など

6、7月の季節の仕込みもの教室のお知らせです。いずれも葉山でのクラスになります。

【6月17日(月)梅しごと】
無農薬の梅2キロを基本に、梅干し、梅シロップ、梅酒、梅みそ、梅サワーなど、作りたいものを1〜2種類選んで作っていただきます。
事前に何をどのくらい作りたいかお知らせください。必要なおすすめの材料を揃えておきます。
また、梅肉エキス、青梅の甘露煮が作りたいという方や、量を増やしたい、1キロでいいわ、という要望などがありましたら、お知らせください。
時間:10:30〜12:00ぐらい
参加費:(基本の2キロ)4000円の予定(作るものによって変動する場合も)
◉ランチ
梅を使ったお料理のランチバイキングをご用意します。拙著『旬を楽しむ梅しごと』に掲載したあの一品や載っていない新作などを含めて。別途1500円(要予約)

【7月17日(水)しば漬け&きゅうりの漬けもの】
きちんと乳酸発酵させる本格的なしば漬けと、きゅうりのパリパリ漬け、またはオイキムチなどのきゅうり漬けを仕込みます。
時間:10:30〜12:00ぐらい
参加費:4000円(予定)
◉ランチ
夏野菜たっぷりのプレートランチをご用意します。別途1200円(要予約)

*次回の離乳食教室は、7月の予定です。日程が決まり次第、ブログでお知らせいたします。

京急百貨店cotonowaさんでも、6月11日(火)に梅しごと、7月30日(火)にしば漬けの講座があります(こちらは残席わずかのようです)。

*そのほか、和食薬膳教室などのスケジュールや空き状況についてはお問い合わせください。

2019年5月18日土曜日

パルシステムさんで梅しごと

パルシステムさんの「だいどこログ」にて、「梅しごと(梅シロップ)」のレシピを監修させていただいています。ぜひこちらをご覧ください。

基本の梅シロップでは物足りないという方のために、変わりダネとして、レモンや生姜を加えたものやアレンジドリンクなどもご紹介させていただいています。

梅シロップをトマトジュースと組み合わせたガスパチョ風や、フルーツたっぷりのノンアルサングリア、とろっとムースのようなバナナ豆乳梅シロップなど、ぜひぜひ試してみてほしいドリンクです。

また、パルシステムさんのカタログ「きなり」でも、同様に梅シロップの監修をさせていただいています。『旬を楽しむ梅しごと』の本もご紹介いただいています。ありがとうございます。

2019年5月17日金曜日

続々重版に!

『ぬか漬けの基本 はじめる、続ける。』が7刷に。
3月末に発売になったばかりの『季節のお漬けもの』が、早くも2刷りになりました。
どうもありがとうございます!


発売になったばかりの新刊『疲れた日のスープ 頑張る日のスープ』(文化出版局)もぜひよろしくお願いします。
スープといっても、スープの素や旨味調味料などは一切使っていません。
煮込む前に食材をよく炒めたり、うま味の多い野菜で出汁を引き出したり、味の凝縮した乾物を使ったり、野菜の芯や皮や種まで使ったり……。
ちょっとしたコツで、とっても手軽においしいスープが作れます。

薬膳の知恵を取り入れて、「冷えているとき」「風邪気味のとき」「生理前後の不調のとき」「便秘のとき」「美肌をキープしたいとき」など、いろいろな悩みや要望に合ったレシピを考えましたので、お役に立てば嬉しいです。
もちろん何の不調のないときにも、ぜひ作って飲んでほしいスープです。


2019年4月25日木曜日

5月6日 までいなツアー開催

5月6日(月・祝)に、葉山芸術祭共催企画として「までいなな衣食住」ツアーがあります。

7年前より毎年1回開催してきた「までいなマーケット」。

“までい”とは、福島県飯館村の方言「真手」という古語が語源で、「手間ひま惜しまず、丁寧に、心をこめて、じっくり」という意味です。
葉山を中心に作られる“までい”な、オーガニックの衣類や生活雑貨、そして美味しい食べ物を集めたのが「までいなマーケット」です。

までいなマーケットは毎年、多くの人で賑わう葉山を代表するイベントに成長しましたが、今年は葉山のまでいなスポットを巡る、ガイドツアーを開催することになりました。

巡るのは、葉山の暮らしには欠かせないオーガニックな衣と食と住の聖地。一年に一度のマーケットではなかなか聞けない、作り手のこだわりや想い、までいな日々の暮らしについて伺うお話会も行います。ぜひ実際に見て聞いて食べて、までいな体験をしてください。そして、日々の暮らしに「までい」の種を植えましょう。


ツアーのコースは以下です(チラシも参照ください)。
11:00 SEE THE SUN(築90年の古民家)
   オーガニックコットンとヘンプの藍染めウエア「LOTUS HEART」の展示販売会&お話会
12:10 ランチ「木古庭ノ農芸社」の里山弁当
13:40 葉山芸術祭参加企画を見ながら移動
15:45 古家1681(わが家です。築90年の古民家)
   までいな暮らしのシェアトーク&お茶と和菓子のおもてなし&ミニまでいなマーケット
18:00 桜花園
   古民家の解体や再生にたずさわる中山陽太さんと日高保さんのお話会
   3pm(さんじ)の豪華ビュッフェ付き

定員:15名 参加費:1万円
ご予約・お問い合わせ madeinawalk@org-life.net

5月の「季節の仕込みもの教室」

4月からスタートした「季節の仕込みもの教室」

第1回目の「ぬか漬け」が本日終了しました。
遠く東村山や千葉から葉山まで来てくださり、ありがたいことです。

2回目は5月21日(火)10時30分〜の予定です。

テーマは「豆板醤」「山椒しごと」


豆板醤は、そらまめを使ってしっかり発酵させて作ります。
山椒は、塩漬けやそれを使ったあれこれか、ちりめん山椒か……。(ただいま妄想中)

参加費は2種類仕込みますので4000円になります(食材の仕入れの状況によって変動する場合もあります)。

お申し込み、お問い合わせは、こちら(info@tabegoto.com)までメールください。
持ち物など詳細は、お申し込み後にお伝えします。
よろしくお願いします。


新刊のお知らせ

3月末に『季節のお漬けもの』が発売になったばかりですが、
続きまして新刊『疲れた日のスープ 頑張る日のスープ』が、文化出版局から発売になります。
5月中旬の予定ですが、アマゾンさんなどでは予約が始まったようです。

こちらはまるごと一冊スープの本。

「胃腸が疲れているとき」「冷えているとき」「風邪をひきそうなとき」など、ちょっとした不調のときに飲みたいスープ。

「元気を出したい」「美肌を維持したい」「若さを保ちたい」「免疫力を高めたい」といった、今よりもっと頑張りたいときのスープと、
薬膳の知恵を生かしたスープをたくさんご紹介しています。

薬膳といっても生薬などは使わず、身近なところで手に入るいつもの食材で作れるものばかり。

疲れているときでもパパッとできてしまう、めちゃくちゃ簡単なレシピもあるので(でもとってもおいしいです)、ぜひ作ってみてください。